「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」   世の中にいっそ桜がなければ、春の日々がもっと穏やかにすごせるだろうに  在原業平によって詠まれたこの歌は、春という季節に桜があることによって人々の心が穏や…


ページのトップへ戻る