旅と本と 


image
 ポカポカ陽気の定休日、学生以来の青春18切符を手にして、ぶらり日帰り福井県へ。旅のつわもののお客様が、日帰りで香川まで行ける!と教えてくれて感動したけど、そこまで度胸はないので(笑)ちょっと控えめに北陸へ。
 学生時代、どこまで遠くへ、どれだけスムーズに乗り換えられるか、分厚い時刻表で細かい数字を追うのが面白くて、この時期が来るのが楽しみだった。が、今は携帯アプリで一瞬。遅延情報まですぐ分かる。なんだかこの切符の醍醐味を半減させてしまっているようで寂しいけれど便利さにはかなわない。
 思いがけずの満員電車に半分以上揺られやっとこさ4時間近くかけて福井県へ。ビールと越前そばで腹ごしらえし、曹洞宗の大本山、永平寺へ。
imageimage
 まだまだ雪が残る山奥。苔の美しさに思わずテンションが上がる。が、結局、膨大な杉花粉にやり込められる。ここには200人ほどの僧侶が世俗と離れて修行しているという。冬の寒さはとても厳しいに違いない。磨きこまれた廊下や手入れが行き届いた庭を通りながら思わず背筋が伸びる。
image
 750年以上、日々、脈々と受け継がれてきたものがここにはあるのだなぁと思いをはせ、胡麻豆腐をパクリ。美味い。
image
 再び福井市内に戻り、最高に美味しい日本海の寿司とお酒をたらふく頬張る。あーどうやら俗世間とは離れられそうにないなぁ。無事座りながらの帰路でした。旅は楽しい。次はどこへ行こうかなー♪

 先日久しぶりに心が震える本を読んだ。
image
 じゃん!超話題のピース又吉の小説!読みましたか?一部の友人には何年も前からまったん(又吉さんのことです)大好き宣言をしてるので、ミーハー精神で読んだわけじゃないですよよっ(笑)
 はー。面白かったぁ。芸人にしか書けない内容、でも自伝的過ぎず、まったんが言葉を選び、一生懸命書いたことが伝わってきて泣ける。景色も人物も描写が丁寧でそしてどこまでも優しくて泣ける。さらっと読める中編小説、もちろんお店に置くのでぜひ手に取ってみて下さいねー。他のまったん作品もぜひ!

 最近お客さんたちと本の話ができるのが、本当に嬉しい。本の好みは千差万別。その時の年齢や経験によっても感じ方がまるで違う。それでも限りなく本の世界は広がっていく。人は旅と本からたくさんのことを学ぶことができる。そう思うと歳を重ねるのもちょっと楽しみになるかもしれない。

コメント

  1. チカキチ 

    2015年4月18日 11:44 AM

    青春18切符で福井県までいけちゃうんですねー!驚きでした!なぜかJRで北陸にいけるイメージがなくて…(笑)
    今度私も1人でふらりと行ってこようかなぁ(*´∇`*)

    返信

  2. チカキチ様

    コメントありがとうございます!
    線路は続くよどこまでもですよ~(笑)
    電車の旅、ぜひっ♪

    返信

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る