手仕事に会いに行く旅


桜が散り始め暖かくなるかと思いきや、またも寒気がやってきた先日の定休日、青春18切符でふらり松本へ一人旅。心動くものたちに会いに、大好きな街に、気ままにダラダラと鈍行で片道約5時間(笑)かけて行って参りました~。
image
そば処信州、とりあえず燗酒と焼き味噌で体を温める。いや~沁みますな。
imageimage
堂々たる国宝松本城。満開の桜が見事でした。でもこの日は凍える寒さ。。

imageimage
image
image
街を歩けば白と黒の土蔵造りの建物が立ち並び、民芸、工芸のお店はもちろん、歴史ある飲食店や蔵を改装したレストランやカフェなど興味深いものばかり。古いものと新しいものが見事に調和し、丁寧に生きるための手仕事に溢れた何とも魅力的な城下町だ。
image
夜はお隣の塩尻に住む、このブログを作ってくれた友達夫婦が駆けつけてくれて、ちょっと粋な小料理屋さんに連れて行ってもらう。今年初の筍の天ぷらを始め、丁寧に手を加えた美味しいお料理と地酒をごちそうになりながら、松本の夜は更けていく。(楽しすぎる時間をありがとうねー!)
image
よくどこで売ってるのと聞かれる苔のグラスたち。実は松本の老舗の民芸品店にあります。巨大な氷がすっぽり入るこのグラス。氷を入れるとなんだか懐かしい音がするんです。冷たいドリンクが沢山出るこれからの季節のために今回買い足してきました。
image
篠竹で編まれた憧れの市場かご。職人さんたちの細かい手仕事の極みです。使うことによって色も変わっていく、一生もの。
image
美味しそうな無添加りんごジャムをGETしてきました!明日からしばらくプレーンのシフォンを焼きますので、たっぷり生クリームとこのジャムを添えますね~。早い者勝ちですよよっ!

 パソコンを開けば、ポチリとボタン一つで世界中のものたちが手に入ってしまうけれど、時間をかけて、その場所の空気を感じ、売り手の人たちと話をしながら手に入れたものたちは、どうしようもなく愛しい。日本の美しい手仕事を守ろうとする思いがその場所には溢れていた。
 5月には日本最大級のクラフトフェアが開催され、松本はこれからの季節ますます盛り上がるみたいです。ちょこっと遠めのドライブにおすすめですよー♪はぁー住みたい。。

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る