折々の風景を巡る旅~前編~


 先日、広島に住む大学の友人の結婚式に列席する、にかこつけて一週間お休みさせて頂き、中国地方を巡ってきた。この歳になって自分探しの旅に出る(まだ見つからんのかー)。一週間も休んだ割には近場だけど。。とにかくいつでもどこでも旅は楽しい。出会った折々の風景を写真と共に勝手にご紹介しまーす♪

imageimage
 まずはずっと行きたかった倉敷へ。川沿いの柳、白壁の古い建物が立ち並ぶ美しい街並み。大切に守られ多くの人を惹きつけている。民藝の町倉敷。大好きなものに溢れていた。
image
 ここの一番の目的は憧れの蟲文庫さんに行くこと。美観地区にある古本屋なのだが、ここの店主田中さんは、本を出版するほど苔と亀を愛していらっしゃる。ちょっとドキドキしながら店内へ。お店も雰囲気も本当にいい。珈琲を頂きながら田中さんと苔談義。小さな愛しいものを見つける天才なんだと思う。面白いなぁ。
 惜しみつつも退席し、田中さんお手製の苔マップを手に近くの苔スポットを見つけに行く。ちょっと周りから見ると変だけど、苔を触りながら歩くのは幸せ。田中さんの本は喫茶苔に置いてあります。ぜひ手に取ってみて下さい。世界が広がります!
image

 倉敷を後にし、結婚式の会場がある広島市内へ、行くつもりがちょっくら寄り道して尾道で下車。ぐんと目の前に広がる瀬戸内海。逆を向けばくねくねと細い坂道が入れ込み古寺が点在する、長閑な風景が広がる港町。10年近く前、学生の時に一度来た時より、カフェや面白いお店が増え、観光スポットとして賑わってるなぁ。
image
とはいえ、坂の途中で出会うたくさんの猫は相変わらずのんびりで、癒される。(猫アレルギーだけどね)

image
 久しぶりに会った大学の友人たちは変わりなく、それでも美味しい料理を楽しむ余裕が持てるくらいの歳はちゃんととって、ちょっと遠出の結婚式は最高に楽しかった。70年前の老舗の料亭を改装し、目の前には素晴らしい日本庭園が広がる。あなたが好きそうな会場だからぜひ来んしゃいと誘ってくれた美しき花嫁に感謝。ありがとう!幸せになー。

 結婚式帰りの足でそのまま宮島へ。どうしても忘れられない風景に再び会いに。高校の修学旅行で訪れた宮島。なぜか高校生の私にえらく響き、ずっとまた来たいと思っていた。
image
夜も。。
image
朝も。。
神に仕える島はいついつも威厳に満ちている。前日が雨だったため、せっかくなので参拝開始の早朝6時半に厳島神社へ。
imageimage
 満潮の時間に合わせられなかったのが残念だけど、海に映える朱色の社殿はどこまでも美しかった。
image
宮島の鹿さんたちはぼーっとしていて媚びなくてとてもいいのだ。

あ、ダラダラと書いてしまってすみません。。また後半書きますねー。よろしければお付き合いくださいませ。

 

 

コメント

  1. あ~おもしろかった!
    写真も紀行文もサイコー!
    後編もはよ書いてね~♪

    返信

  2. あべさん
    ぎゃ!ありがとうございます。
    が、頑張ります(笑)

    返信

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る