ちょいと夏ドライブ


少しの曇り空と夏の終わりの風が吹く日。
一日予定がなかったので前から気になっていた場所へちょいとドライブ。新城へ。
image
 まずは、知り合いのお勧め「ヨコタ博物館」へ。くらがり渓谷を越えて、ただひたすらくねくねのリアルマリオカートみたいな山道を登った先にある小さな博物館。東南アジアの民藝品などの面白いコレクションが展示されていて、好きな人にはたまらないあれです。個人的に宋胡禄(すんころく)というタイの陶磁器に興奮する。タイって派手なイメージがあるんだけど、日本の茶道にも繋がっている焼き物だけあって地味だけど品があって好きだ。もっと焼き物の歴史勉強しなきゃな。
image
 一通り見終わると飲み物を用意して下さり、スタッフの方とお話をしてなんだかとても有意義な時間でした。わーざわざ行く価値ありですよ。くねくね。

 ふたたび細い山道上ること45分ほど。「鳴沢の滝」に到着。
image
 ここはお客様のお勧めスポット。立派な滝です。とにかくマイナスイオン。苔。マイナスイオン。苔。マイナスイオン。苔。。涼しー!!
image
 駐車場から少し歩くだけでたどり着けます。もみじなど紅葉する木もたくさんあったので秋もまたよいと思われます。

 そしてまたくねくね30分ほど。「四ツ谷の千枚田」に到着。
image
 ドデーン!!写真ではなかなかこの感動伝えきれませんが。。棚田好きとしては、本当に来てみたかった場所。いやーこれぞまさにTA・NA・DA!!(笑)夏の青色から秋の黄金色へ。これからどんどん変わっていくのでしょう。
imageimage
 自然がもたらす豊かな水と、お百姓さんたちの知恵と誇りが詰まった景色は本当に本当に美しい。あぜ道は見学の人も歩けるようになっていて、いそいそとイヤホンを取り出し大好きな直太朗の「夏の終わり」をリピートで流し、口ずさみながら歩く。泣ける。心が浄化されるのが分かる(すぐ汚れるので。。笑)。少しだけど駐車場もあるし、途中にベンチがおいてあったりするので、お弁当持ってデートってのもいいですぜ。棚田デート。。乙です(人に依ります)。

 夏の終わりを感じながら、その季節にしか出会えない風景に会いに。ちょっくらドライブにお勧めです。今年の夏はどこに出かけましたかー?お土産話ぜひ聞かせて下さいねー♪

 

 

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る