本のおはなしと毎年恒例のアレ


 完全にスタートで出遅れた冬ヤローが、急に勢いづいてきました。なかなか布団から出れない日々が続いております。

 さて喫茶苔の本がちょっぴり増えましたのでご紹介します。
image
 わたくし一人でお店をやっております。仕込みも一人。片づけも一人。寂しい。。そこでラジオを聞き始め、どっぷりはまってしまいました。お蔭さまで、毎日ニヤつきながら楽しく仕事ができている訳です。
 パーソナリティーの方も様々ですが、芸人さんが多いので必然的にリスペクトしてしまい、芸人さんが書いた本が増えてしまいました。面白いのはもちろん、とっても読みやすく自己啓発的な学びもあるのでぜひ読んでみて下さい。完全に店主の趣味趣向に偏った店で恐縮ですが。。

image
 そしてもう一冊。京都に住む「好きという感覚」が合いすぎる一人の友人が(残念ながら女子)、心にぐっとくるものに出会うとすぐに連絡をくれる。素敵な本見つけたぜ。うわ!で即購入。
 「花ごよみ365日 雨宮ゆか著
 365日、毎日植物と向き合う。特別なものではなく身近にある草花たち。時には枯れ葉や枯れ木さえ風情あるものに変わってしまう。季節の移ろいを感じながらゆっくりじっくりとページをめくる。著書の感性が詰め込まれた日常の生け花たち。ため息が出るほど素晴らしいです。一緒に歳を取りたい宝物のような一冊。ぜひ珈琲片手に味わってみて下さい。
 

 そして話は変わりますが、今年も行いました、毎年恒例行事の書初め。年に一度だいたい同じメンバーが集まって新年会を初めて10年以上。書初めもずっと続けてきました。去年の一文字と今年の一文字。一年の反省と目標を真剣に考えます。人生山あり谷あり。いろんなことが起こります。でも毎年こうしてくだらないことを話ながら笑い飛ばしてくれる仲間がいるのは本当に幸せに思います。
image
 相変わらずの低すぎるクオリティ。この真意は絶対に言えないので想像にお任せします(笑)

 去年の一文字、今年の一文字。皆さんはどんな漢字でしょうか?どうか2016年もいい年でありますように。

コメント

  1. まこさん 

    2016年1月15日 12:09 AM

    書初めの「腹」「見」の真意が気になって眠れませぬ…笑

    返信

  2. まこさん
    コメントありがとうございます!
    それは失礼致しましたm(__)m
    しばらく眠れない夜が続いてしまうことをお許し下さい(笑)

    返信

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る