ゆらゆらゆらぐもの


沖澤康平
ゆらゆら ゆらゆら 光を浴びた氷は透明なガラスの中でゆらゆらゆれる

でーーーん!またまた愛しきもの喫茶苔に到着しました。沖澤康平さんのガラスたち。高山で出会ったガラス。どこまでも透明。手に取るとその重さがとても心地よいなと思う。中に注いだただの水でさえもなんだか美味しく感じてしまう。先日の松本クラフトフェアでお会いした沖澤さんは、とってもホワーとして優しい感じの方だったけど、ガラスに魔法をかけてしまう魔術師である。うんうん。一つ一つ丁寧に作られた硝子たちは、ただ ただ美しい。

完全に自己満足ですが。。このロックグラスのために大きな氷にしましたよ。どうしても砕いて入れたかったんですねー(笑)
一日頑張った自分へのお疲れ様の夜に、大切な誰かとの乾杯のために。。こちらも数量限定で販売予定です!

コメント

  1. ゆらゆら~
    なんて素敵なロックグラス~
    苔と働く吉永小百合さんを眺めながら芋焼酎と氷をゆらゆらさせたいですねー
    無駄にゆらゆらさせたいですねー
    んー、素敵です
    ゆらゆらしに遊びに行きまーす

    返信

  2. えりかさん!コメントありがとぉう!
    いいだしょ?無駄にゆらゆらして下さい。
    苔と働く吉永さん。CM来るね。

    返信

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る