新春ぶらり湖北の旅〜


祝2017年!!
あけましておめでとうございます!暖かなお正月皆様どのようにお過ごしでしたか?
私は4日、5日とお休みしぷらっと近場の滋賀へ鉄道の旅をしてきました♪

普通電車で名古屋から乗り継ぎ含め2時間ほどで滋賀は琵琶湖の北、高月駅に到着。湖北と呼ばれるこの地域には、たくさんの観音像があるお寺が点在しており、中でも取り分け有名なのが、ここ高月駅近くの向源寺の十一面観音像なのである。

さすが国宝の観音様、立ち姿の美しいこと!!11もの表情でさぞ複雑な心境で私たち人間どもを見守ってくれているのでしょう。ありがたや〜。
観音堂の中は撮影禁止なのでぜひ会いに行ってみて下さいねー。

1時間に一本の電車を逃すまいと伊吹おろしに背中を押され再び電車で、本日のお宿のある余呉湖へ到着。

大きな琵琶湖から山を挟んで北にあるこの小さな湖は、この時期ワカサギ釣りで賑わっている。本当は豪雪地帯のはずが、暖冬のため雪が全くなくちょっぴり残念だったけれど、凛とした澄んだ空気と少しの波紋を残す湖は静かに迎えてくれる。
そんな湖畔にあるのが小さなオーベルジュ徳山鮓さんです。

美しい余呉湖を眺めながら、滋賀の郷土料理、発酵料理の熟鮓を始め、地元の食材を存分に使っておもてなしをしてくださる有名なお宿なのであります。な、な、な、なんと!!!今度の日曜日(1月8日)の情熱大陸でオーナー徳山さんが取り上げられます!そのことは直前に偶然知ったのだが、うわーん!何というタイミング!我ながらあっぱれであります(笑)ご興味ある方は放送前にぜひ予約を!

そんな歴史ある発酵料理を守り受け継ぐ徳山さんが提供してくれるお待ちかねの夕食は。。


鯖やマスの熟鮓、手作りの猪のハムやカラスミ、熊鍋、そしてメインの鮒鮨など。。地元の食材をふんだんに使い、これでもかのジビエ祭りも、恐る恐るの始めての鮒鮨も旨味がじわじわ押し寄せて、お酒が進まない訳なく口の中が小躍りする。
保存食として生み出された発酵料理の、遠い昔の人々の知恵に感心しながらまたちびり。食材の恵みに感謝しつつ、初めての味に出会うのは本当に楽しいなぁとまたちびり。。徳山さんご家族ともお話しさせていただいて幸せな夜はふけて行きました。

朝食も何やら初めましての食材を存分に使った優しいお料理を体に入れ込み、余呉湖を後にし、再びローカル電車へ。
楽しい旅の出会いもあり、話も弾みながら、長浜で途中下車。有名な親子丼をいただいて、今滋賀でもっともホットなスポット(?)近江八幡のラコリーナへ。


この前行った多治見のタイル博物館を設計した藤森照信さん建築の施設は、膨大な敷地を利用し、たねやさんのテーマパークのようで、想像以上の面白さ!!各所に散りばめられた遊び心と統一された素敵なセンスに舌を巻き、パチパチ写真をとってなんだかんだを吸収しようとする。愛知からならちょいとドライブ圏内なのでぜひ行ってみてください。もちろんお菓子もうましです。包装がかわいいんだよなー。クー!

そんな感じでぶらり新春旅行をしてきました。みなさんの思い出をぜひ聞かせて下さいねー♪

喫茶苔はいつものゆるーい毎日に戻りました。昨年もたくさんの方にお越しくださり支えられて無事に新年を迎えることができました。本当にありがとうございます。
今年も誰かのほっとできる場所になれますように。。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る