鮮やかなるもの


まり木綿「伝統工芸」わたしはこの言葉にとても惹かれてしまう。人から人へずっと受け継がれてきたもの。その技術に力を注いできた職人さんたち。それを日常に使い続けてきた庶民たち。なくしてはいけないかけがえのないもののように思える。
 有松鳴海絞りも名古屋で伝わる伝統工芸のひとつ。そしてその技術を引き継ぎながら新しい目線で作品を作り続けているのがまり木綿さん!私と同じ世代のかわいいかわいい女の子ユニットです!
 私はありがいことに、ハンカチよりも断然手ぬぐいをいただく機会が多い(手ぬぐい顔らしい)。そんな中友人からもらったまり木綿さんの手ぬぐい。手ぬぐいのイメージを覆すほどポップで明るい。持っているだけでワクワクする。今回、どうしてもお店に置かせていただきたく、無理を言って作っていただきました。
一枚一枚名前が付いている手ぬぐい。その名前を想像しながら色を選ぶのも楽しい。喫茶苔に置くのは手ぬぐいのみですが、まり木綿さんのショップには様々な絞りの作品が並んでいます!ぜひ機会があれば有松のお店に行ってみて下さい。新しい伝統工芸に出会えますよ~。

コメントを残す

* が付いている項目は必須項目です。

*

トラックバックURL

ページのトップへ戻る